スマートフォンサイトはこちら

自己破産Q&A 自己破産手続の概要

自己破産手続と弁護士

Q1.自己破産は自分で申し立てることができますか?

 自己破産をご自分で申し立てることは可能です。ただし,この場合には,即日面接制度・少額管財手続の利用といった弁護士が代理人についた場合のメリットを受けることができません。また,裁判所との連絡をご自分で行う必要があるため手続が長期化します。さらに,弁護士や司法書士にご依頼された場合と異なり,受任通知により取立を止めることができません。

ページトップへ

Q2.自己破産を司法書士に依頼することができますか?
司法書士には裁判所への提出書類を作成する権限はありますが,地方裁判所の・・・(続きを読む)
Q3.自己破産を弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのでは,どのような違いがありますか?
2005年の法改正により,司法書士に一定程度の借金についての交渉権と・・・(続きを読む)

ページトップへ

自己破産について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

自己破産に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所