スマートフォンサイトはこちら

自己破産Q&A 自己破産の財産への影響

賃貸住宅について

Q3.賃料の支払がカード決済となっているのですが,それでも住み続けられますか?

 自己破産の手続を弁護士に依頼すると今後カードは利用できなくなるため,カードを利用した賃料の支払はできなくなります。自己破産をしても賃貸住宅に住み続けることはできますが,カード決済ができずに何ヵ月も賃料を滞納することになると,賃料不払いを理由に賃貸借契約を解除されてしまいかねません。このような場合は,貸主に直接支払うなど,賃料の支払方法を変更し,賃料支払いを継続することで,今後も住み続けることが可能です。

ページトップへ

Q1.自己破産をした場合,今住んでいる賃貸住宅から立ち退く必要がありますか?
自己破産をしても賃貸住宅から立ち退く必要はありません。以前は,・・・(続きを読む)
Q2.住み続ける場合,滞納している賃料を支払っても構いませんか?
自己破産をしても賃貸住宅に住み続けることはできますが,何ヵ月も賃料を・・・(続きを読む)
Q4.滞納している賃料も免責されるのですか?
免責が認められると,税金等の一部の債務を除いて原則として全ての借金が・・・(続きを読む)

ページトップへ

自己破産について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)
		詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

自己破産に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所