ご相談者の声

自己破産の声

クレジットカードの利用限度額に達したら、次のクレジットカードを使い、とうとう返済できなくなりました
Y・Tさん(熊本県・女性・自己破産/同時廃止)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

14年ほど前、結婚前からの車のローンが影響し、子どもも生まれましたが、主人の転職が2度ほどあったこともあり収入が不安定でした。
ボーナスが無いのにボーナス払いがあったりと、普段からのやりくりが大変でした。

そのため、いろいろと収入を得ようと仕事やアルバイトをしましたが、一向に生活はよくならず、結局クレジットカードを使うようになりました。
一枚の限度額が一杯になればまた、次のクレジットカードを限度額が一杯になるまで使い、とうとう返済できなくなりました。

総借入額は420万円、月々の返済額は25万円でした。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

とにかく返済額が少ないところから支払っていましたので、返済額が高いところは滞納していました。
クレジット会社から電話は毎日あり、一部だけの返済をお願いしていました。

休日に自宅に調査会社のような人が来られ、クレジット会社に電話をされていました。
在宅確認のようでした。


相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

きちんと話を聞いて頂けましたので、それだけでも落ちつきました。
御社はホームページやTVCMで存じ上げておりましたので、確実に依頼できるならと思い、ご相談申し上げました。


当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

クレジット会社等から一切電話が来ることもなくなり、とても頭が楽になりました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

10年前の記憶を呼びもどすのにずいぶん苦労しました。
お金のやりくりのことしか考えていなかったので、「この年とこの年のつじつまが合わない」と指摘されて、その場で思い出す事ができず、少し泣きたくなりました。
資料の収集は困難ではありませんでした。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

感じている事を素直にお話ししました。
裁判官にもそれが伝わり、理解して頂けました。


債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

世間の不景気にあおられ、さらに給料もボーナスも申し立て時より下がりました。
しかし、支払うものが殆ど無くなりましたので、そこまで悲観することもありません。
なにより、一日一日が平穏に暮らせるようになりました。
会社に毎日クレジット会社からの電話もなくなったり、クレジット会社からの請求書の束を見て冷や汗をかく事もなくなり、子どもに当たる事もなくなりました。心に余裕が持てるようになりました。


弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

アルバイトを増やしたり、主人のボーナスから準備しました。
額については熊本の相場よりも高い事が当初からわかっていましたが、どうしても地元では頼みたくありませんでしたので、あまり気にしませんでした。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

申し立てをするまでは、とにかくどうしたら収入を得られるのか、本当にいろいろな事に手を出し、結局それも裏目に出て、借金を増やす事になっていました。
頭の中も善悪の判断もつかなくなっていたような気がします。

御社にご相談してからは楽になりたい一心で書類を書き、記憶を辿りました。おかげ様で本当に頭の中がクリアになり、日常生活も普通に送れるようになりました。生命保険で借金を0にしようと本気で考えていた時期もあり、人生そのものをアディーレ様に救われました。
先生をはじめ、スタッフの皆様に深く感謝申しあげます。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所