ご相談者の声

自己破産の声

面接にて事情を親身に聞いて下さったこと、費用も分割での支払いが可能であったことからお願いすることにしました
T・Sさん(埼玉県・男性・自己破産/少額管財)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

クレジットカードのショッピング、キャッシングおよび自動車ローン等で約700万円の借入がありました。
クレジットカードは、社会人となった頃から利用していましたが、上記借入のほとんどは近年3~5年間のものです。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

平成19年頃より病気療養のための休職、復職を繰り返すようになり、収入が大きく減少しました。
さらに、平成22年3月にはリストラにより無職となったことから毎月の引き落としに対応できず、引き落とし不可となることが多くなってしまい、クレジットカード会社からの電話が頻繁にかかってくるような状態でした。


相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

平成22年8月頃より人生の立て直しのため「債務整理」を決断し、その方法を調べるようになりました。
その中で比較的評判が良さそうな弁護士事務所を数ヵ所ピックアップし、電話相談もしてみましたが、借入について「浪費」と判断される可能性が高いということや、費用の工面の理由で依頼に至らなかった事務所もありました。
御事務所においては、電話相談後の面接にて事情を親身に聞いて下さったこと、費用も分割での支払いが可能であったことからお願いすることにしました。


当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

悩みのほとんどが金銭についてであったことを痛感しました。この悩みが和らぎ、心に余裕ができました。
また、毎月の家計の状況を記録する必要から、金銭の出入りを細かくチェックできるようになり、これまでのずさんな金銭感覚を反省することができました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

求職期間中であったことから時間の都合がつきやすかったため、資料の収集等に不便はありませんでした。
また、用意する資料については事務員の方々が丁寧に説明して下さり、また不明点についても分かりやすくご案内して頂きました。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

管財人面談、債権者集会とも「これだけ?」というのが正直な感想でした。借金を帳消しにしようとしている行為に対して、もっと厳しい対応を受ける事を覚悟していました。
債権者集会時に裁判官の方から頂いた「今後は身の丈に合った生活を送るように」という言葉、管財人の方からの「これまで色々あったことは理解できました。今後の生活、頑張って下さい。」という言葉には今後の「立て直し」に向けての決意をあらたにしました。


債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

手続き中に就職することもでき、あらたな人生のスタートをきることができました。
一時期に比べ収入は大幅に減少しましたが、「身の丈に合った生活」を心がけて過ごしています。返済の悩みがない分、充実した日々を過ごすことができています。


弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

費用については、額面は決して安い金額ではないですが、現在の充実した生活を得るための費用としては安かったと思います。
当初、分割払いでお支払いさせて頂きました。全額分割で支払っていた場合、手続がもっと後になっていたはずですが、不動産売却益が出たことにより残金をここから充当することができたのは幸運でした。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

申し立てに関する資料の収集、申立書の作成の各段階で、ご担当の事務員の方が変わるのには若干困惑する部分もありましたが、分業により処理速度の向上を目指すという意味では理解できるシステムだと感じます。また、各事務員の方々が親切で、法律に素人の的外れな質問にも丁寧にお答え頂きました。

当初、申立に当たっては何度も事務所に伺い、準備をする必要があると予想していましたが、全て電話、FAXおよび郵送のみで済んでしまい、「本当に大丈夫かな?」と心配もしましたが、手続きが終わった今となっては、負担の少なさに関心しております。

自分でも荒れた生活による借入であったことは反省しておりますが、このような状況でも手続を請け負って頂き、丁寧な対応をして下さり、「免責」の認可を受けることができたことを感謝しております。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所