ご相談者の声

自己破産の声

担当する事務の方が変わることで、手続きが進んでいることが理解できました
Y・Tさん(東京都・女性・自己破産/少額管財)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

離婚をして2人の子を養育しながら仕事を続けていました。その後過労で倒れ病気がちになり、次第に生活費を借入金やカードに頼るようになりました。総額400万ほどになってしまい、日々の返済もいっぱいいっぱいでした。
12年ほど前から少しずつ増え続けてしまいました。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

養育費や食費を払うと月の返済ができない状態で、12月の年越しは絶望的でした。相談に行った時、手元には1万円程度しかありませんでした。これ以上借りることも返すこともできず、カード会社等の請求書がたまっていました。
八方塞がりの状態でした。
子どもがいなかったら死んでいたかもしれません。


当事務所を何でお知りになりましたか。また,当事務所に相談をしようと思ったきっかけは,どのような理由からでしょうか。

TVのCMで知りました。タイミングとは不思議なもので、「相談できる弁護士さんでもいてくれたらなぁ…」と何気なく思って見ていたTV番組のCMでした。
名前が「ア」で始まることで記憶に残ったこと、CMの女性の語りかけるようなことばが心に響いたことで思いきって相談に行こうと思いました。


ご相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士,事務員の印象はいかがでしたか。

こちらの事情をゆっくり聞いて下さり、不安な問題点の質問にもていねいに答えて下さいました。プライバシーが守られるよう、他の人たちに顔を見られずにすむオフィスの造りが安心できました。
又、自分のことを責めてきた私にとって、相談しても責められるかもしれないという恐怖があったのですが、そのようなことも一切なく、ホッとできました。


ご依頼を決意されたのは,どのような理由からでしょうか。

子どもの進学問題、生活費や教育費の不足、借りては返済するくり返しに一人で悩みを抱えこんでいて、肉体的にも精神的にも限界でした。
年の瀬がせまっていた時、「新しい年を自分の再出発の年にしたい」という希望をもって、勇気を出して相談の依頼を決意しました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

毎月の収支報告や通帳のコピー、遠い過去にさかのぼって入出金、借入状況を思い出しながら資料にしていくことは、やはり大変でした。自分でも記憶があいまいだったり、要求された資料を探すのに時間がかかったりもしました。でも、事務担当の女性がいつもほがらかに電話対応して下さり、何度も質問したり、確認したりしても、嫌がらずに教えて下さったので助かりました。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

やはり弁護士さんや管財人の方とお会いする時は緊張しました。でも、私の不安をあおるようなことは言わず、きちんと法にそって、又、私の立場を理解しようと努めて下さいましたので信頼することができました。
債権者集会では管財人の先生が、私の全てを代弁して語って下さったことがとてもうれしくて涙が出てしまいました。


ご依頼前と現在を比較して,生活状況に変化はございましたでしょうか。

前を向いて生きることがやっとできるようになりました。
借金がなくなったという解放感ももちろんありますが、それ以上に自分の人生、今度こそしっかり自分の足で歩いていこう!という強い決意のようなものが私の中に生まれています。お金や生活、人生に対して再スタートという意味では、自分の性格、人格まで変化してきたように思います。そして笑えるようになりました。


弁護士費用はどのようにご準備されましたか。また,費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

相談する時は費用などの余裕は全くなかったし、一体いくら必要で、どう捻出できるかもわかりませんでした。ただ「相談料が無料」であったことは、結果、私の救いにつながりました。毎月の返済をくりかえしてきたことを思えば、月々の分割というシステムはありがたい事でした。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

相談依頼を決定する時、インターネットで評判を検索して調べました。
「担当が変わって内容が伝わりずらい」とあったのですが、実際に終了するまでそのことで困ったことは1度もありませんでした。むしろ、自分の案件が進むごとに違う事務の方になっていくことで、進んでいることが理解できましたし、あくまでも「きちんとした手続きをふんで準備を完成させる」という目的がはっきりしていてよかったと思います。
心情や感情に流されそうなものはできるだけスルーした方が私の場合はよかったと思います。


債務整理を検討されたけれども依頼を躊躇されている方がいらっしゃいます。そのような方に向けて、メッセージをひとことお願いいたします。

人間が社会生活を行う上で大切な「お金」ですが、そのことで失敗をすることは誰にでもおこることだと思います。そしてそれが人生を良くも悪くも大きく変えてしまいます。
自分の失敗をさらけ出すことは勇気がいりますが、一方、自分の人生をやり直すチャンスがもらえる事を意味しています。前を向いて歩ける喜びをもう一度手にしてみて下さい。
お金に支配されない人生をとり戻すチャンスだと思います。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所