ご相談者の声

自己破産の声

ホームページで問い合わせたところ、すぐに返信があり信頼出来ると思い、相談させていただきました
Y・Tさん(東京都・男性・自己破産/同時廃止)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

十数年前からショッピング・帰省・旅行等の交通費、アパートの更新料、水道光熱費、NHK・CS受信料等をクレジットカードやカードローンで支払い、返済も滞る事はありませんでした。
しかし、二年位前から不況の影響で仕事が減り、収入も激減。クレジットカードの返済が全額返済出来ず、リボ払いで最低限の額しか返済出来なくなってしまいました。
生活費をカードローンで借り入れたりもしましたが、法律改正(年収の1/3以上借り入れ出来ない)により、新たな借り入れも出来ず、クレジットカードの利用限度額を越えてしまい、返済不能となりました。
最終的に約350万円の借り入れとなりました。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

滞納・取立は無かったが、水道光熱費やNHK受信料等をクレジットカード払いにしていたものの、毎月満額返済出来なくなり、リボ払いで最低限の額しか返済出来ませんでした。


当事務所を何でお知りになりましたか。また,当事務所に相談をしようと思ったきっかけは,どのような理由からでしょうか。

TVのCMで以前より知っていましたが、当初は個人の事務所に相談しようとしましたが、問い合わせのメールを送っても「現在債務整理の依頼は受け付けていない」と返答されたり、一切返信が無かったりしました。
その後、アディーレさんの事を思い出し、ホームページを通じて問い合わせたところ、すぐに返信があり実績も豊富なので信頼出来ると思い、相談させていただきました。


ご相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士,事務員の印象はいかがでしたか。

親身になって話を聞いていただき、こちらの緊張と不安を取り払っていただきました。


ご依頼を決意されたのは,どのような理由からでしょうか。

母と姉に相談し、良い方法がないか色々と考えましたが、自己破産し、借入れをゼロにするのが一番良いのでは?とアドバイスされ、考えた結果、自分もその方法しか無いと思い、依頼するに至りました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

当初、家計簿をつけていなかったので「家計全体の状況」の作成に苦労しました。
また、預金通帳の記帳を長期に渡り怠っていた為、短い準備期間の中、仕事の合間を縫って銀行の窓口へ行き手続きを行いました。

上記2つのように「ズボラ」な性格が災いして、今回自己破産に至ったのだろうと痛感しました。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

免責審尋は裁判所の法廷内で行われるのでかなり緊張しました。しかし、名前と申立の内容に間違いが無いか答えるだけだったので拍子抜けしました。


ご依頼前と現在を比較して,生活状況に変化はございましたでしょうか。

依頼前は返済の事ばかり考えていて、気の休まらない日々が続いていましたが、返済の心配も無くなり気が楽になりました。


弁護士費用はどのようにご準備されましたか。また,費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

費用は伯母に用立ててもらいました。費用額は申立を行う為に調査・準備・手続き等をしていただいたので妥当だと思います。
(今回用立ててくれた伯母にも感謝しております。)


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

通帳のコピーを毎月送りましたが、封筒のサイズがギリギリ、コピーが入るサイズだったのでもう少し大きければ…と思いました。


債務整理を検討されたけれども依頼を躊躇されている方がいらっしゃいます。そのような方に向けて、メッセージをひとことお願いいたします。

債務整理に抵抗を持っている人も多いと思いますが、一人で悩んでいても何も解決しません。
取り返しのつかなくなる前に、勇気を持って相談する事をおすすめします。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所