ご相談者の声

自己破産の声

取立の電話が会社にもあり困っていましたが、土日に相談できる事を知り依頼を決意しました
S・Sさん(宮城県・女性・自己破産/少額管財)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

最初のカードを使ったのが7年前以上です。最終的には500万以上になっていました。
主人のリストラなどで生活費をカードで払い、リボ払いだったので残金が減らず、次々カードを作り多重債務に至りました。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

滞納がありました。
取立は催促の電話です。会社にも電話が入り困っていました。ですが、支払えるお金が無く、悩んでいました。


当事務所を何でお知りになりましたか。また,当事務所に相談をしようと思ったきっかけは,どのような理由からでしょうか。

インターネットで知りました。また、以前からTVのCMでも見ていました。
1番の理由は土日の相談が出来た事です。
急な相談(日よう日)に快く向かえていただいた事で決意しました。


ご相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士,事務員の印象はいかがでしたか。

すみません。罪悪感からか最初の印象は怖いという印象です。
最初は取り調べのような感じでした。(そう思ってしまっていた。)
でも、親身になって話を聞いていただきました。


ご依頼を決意されたのは,どのような理由からでしょうか。

催促の電話が毎日鳴り響いていて精神的に参っており、助けて欲しかったからです。そして、悩んでいた弁護士費用も分割出来ると知り、弁護士先生の言葉で力付けられました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

事務員さんは優しかったと思います。ただ、10年以上前に使ったニッセンの情報(服を現金で買った)など、覚えていない事が多々あり大変でした。
どこか取り調べのようで、事務員さんの電話にもビクビクしてしまいました。
大震災の時期と重なり、精神的に参っていたからだと思います。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

管財人との面接が1番怖かったです。たくさん聞かれました。(1時間ぐらい)
たびたび管財人から電話もありました。
ただ、弁護士先生が立ち会っていただけたのは、心強かったです。
やさしく声をかけていただきました。


ご依頼前と現在を比較して,生活状況に変化はございましたでしょうか。

入ってきた収入でやりくりできて、何より心が安定しています。
前向きになり、未来を考える事が出来るようになりました。


弁護士費用はどのようにご準備されましたか。また,費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

分割にしていただき、毎月の私の給料で払っています。
費用額については他が分からないですが、安いと思います。
管財人面接の時に弁護士先生が立ち会ってくれて、管財人の弁護士先生も驚いていました。こういった事を考えても安いと思います。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

結果的には大変感謝しております。
自分が悪いのですがビクビクしてしまい、事務員さんからの電話もストレスになった部分もありますが、終ってみるとお願いして本当に良かったと思います。
特に震災の際には優しくお声をかけていただきました。


債務整理を検討されたけれども依頼を躊躇されている方がいらっしゃいます。そのような方に向けて、メッセージをひとことお願いいたします。

債務整理や破産をする事に罪悪感や劣等感を感じてしまうかもしれません。私もそうでした。依頼する事をためらい、もう無理だと分かっていても、決意するまで時間がかかってしまいました。
終ってみて思う事は、決意して良かった、依頼して本当に良かったという事です。
今普通の生活を取り戻しました。現金のありがたさもわかります。
前向きに人生の再出発をする事ができました。

ぜひ皆様も人生の再出発をしてほしいと思います。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所