ご相談者の声

自己破産の声

気分がスッキリし、カードを持たないことで、所持している預金の範囲での生活になりました
T・Nさん(兵庫県・男性・自己破産/同時廃止)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

M社のカードで、コンビニ等、何百円単位もカード決算していて、1ヶ月1万~2万、3万の返済で済むように生活していましたが、飲食費等、何千円や何万円もカード決算してしましました。
更に一ヶ月だけ出会系にもはまり、その請求が80万代になり、他社カードで借りて返済に当ててしまったのが、多重債務のきっかけです。2007年頃でした。
当初は仕事に就いてから返済を計画してましたが、社員ではなくアルバイト雇用で考える様になり、親の意見も有り、相談に行きました。
バイトからしか仕事に就けないと判断したからです。400万近かったと思います。S社しか返済出来ませんでした。
2007年から2011年まで放置状態でした。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

クレジット会社なので、基本的には有りませんが、1社が裁判を起こしましたので、僕も仕事に就くことで必死だった為、弁護士さんに相談しました。


当事務所を何でお知りになりましたか。また,当事務所に相談をしようと思ったきっかけは,どのような理由からでしょうか。

私の両親が「アディーレ」をすすめてきました。
司法書士ではなく、きちんと弁護士さんがいるところがベスト、という考え方だったみたいです。


ご相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士,事務員の印象はいかがでしたか。

Mさん含め、大変良くして頂きました。
「借金もそれ程大きくはないので、すぐに解決出来ると思いますよ」とまで、不安を払拭する様に言ってくれました。


ご依頼を決意されたのは,どのような理由からでしょうか。

就職活動の長期化、生活レベルの悪化、就職し時給のアルバイトやパート、派遣のレギュラー化で考える様になり、周りに迷惑をかけていると感じたからです。
一度リセットさせ、生活の安定を図り、安定をしてから返済に動きたいと思ったんです。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

資料の取り寄せ、収集、提出期限を守れず、迷惑をおかけしてしまいました。
大量の資料、データ、5年以上前だったり古くて関東エリアが多くて、間に合わせるのに必死でした。Sさんには、ご迷惑をおかけしたと思いました。
気持ちとしては、委任状が有れば、本人の同意が有れば弁護士事務所送りにすることが出来て、事務作業が簡素化できれば、もう少し早かったかも知れません。
僕が最初、提出期限を重く見てなかったのも大きかった。軽く見過ぎていました。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

僕の案件は、面接等は有りませんでした。


ご依頼前と現在を比較して,生活状況に変化はございましたでしょうか。

借金問題を親も含めて考えることがなくなり、 スッキリとした気分で、リクルート活動に動けることが良いことです。
生活は、クレジットカード自体持たない生活なので、所持している現金の範囲で生活になりました。
メールで「おまとめローン」もDMで来ますが、削除、消去する様になりました。


弁護士費用はどのようにご準備されましたか。また,費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

私の両親がしてくれました。
もう少し1万円/月を切る等、安ければもっと幸いです。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

クレジットカードのカードローンの他、A社などの過払い金対応、離婚の際の養育費等を交わした文書にも、しっかり動いて下さって感謝しております。


債務整理を検討されたけれども依頼を躊躇されている方がいらっしゃいます。そのような方に向けて、メッセージをひとことお願いいたします。

気持ちはラクになるので、とりあえず、一歩踏み込んでみて下さい。


このたび,アディーレは法律相談の実績が累計10万人を突破しました。これからもひとりでも多くの困っている方が笑顔となるよう微力を尽くしてまいります。皆さまからひと言応援メッセージを頂戴できましたら幸いです。

2014年以降も、その人のお悩み相談内容以外に、細かい部分に至るまで解決に導く様に頑張って下さい。


当事務所でのお手続きについて総合的な満足度をご回答お願いいたします。(大満足・満足・やや満足・普通・やや不満・不満)

大満足

2012年、2013年は、大変お世話になりました。誠に有難うございました。
これから相談に行くことがないように、生きていきたいと思います。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所