ご相談者の声

自己破産の声

弁護士の先生が何も心配はないと言ってくださり、とても心強かったです
I・Sさん(東京都・女性・自己破産/少額管財)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

きっかけは安易に再婚を決め、どうしても一緒に暮せないと私の方から一方的に離婚を言い、家裁の調停で慰謝料300万を請求され、カードローンに借り入れを始めたのがきっかけだった。
仕事も派遣が多く、毎月支払っていくのが大変で、又、住居が老朽化し、次々とリフォームが必要になり、益々借入金額が増大してしまった。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

まだ滞納、取り立てはありませんでした。


相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

兄弟に相談した所、パソコンで貴事務所を見て伺いました。
立川の事務所は初めて伺って、高級感があり、安心してお願い出来そうだと感じました。
又、身体の方もガンが見つかり限界でした。


当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

働いても働いても返済しても返済しても先が見えず、本当に生きていても仕方がないような毎日でした。
夜も眠れず、旅行等も出来ず、自分で招いた事とはいえ、地獄のような日々でしたが、お願いした後は、返済の事も考えず、貴事務所に言われた事をして、やっと闘病に専念して暮らせるようになりました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

何かあれば電話をして対応していただけましたので、助かりました。
又、今はメールでも連絡がとれるので、本当に便利だなと思いました。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

緊張はしましたが、一緒に行って下さった弁護士の先生が、いつも、何も心配はないと言って下さっていましたので、心強かったです。


債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

やっと終わった、というホッとした気持と、これからは、自分自身で自分の出来る範囲の生活をしなくては、と気を引きしめて生活しています。
老後や病気の為の積立預金も少しづつですが始めました。


弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

費用は兄弟に援助してもらったり、弁護士費用は分割でしたのでお給料から支払える範囲でした。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

本当に大変お世話に成り、ありがとうございました。
この間、貴事務所の色々な方にお世話に成り、いつもていねいに教えて下さり、心強く思っていました。

私も病気も重なり、すべて投げ出してしまいたい、なんて思った日もありましたが、今私がここに生きているのも、アディーレさんのおかげです。
ありがとうございました。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所