ご相談者の声

自己破産の声

「人生の再スタート」とありますが、私は「新しい生命」そのものを与えて頂いたと思っています
M・Bさん(東京都・女性・自己破産/少額管財)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

会社のつき合いや被服費に出費がかさみ、給料も下がり、借入をしたのがきっかけで、その後は返済のために借入をする自転車操業となり、3年近くそのような生活を続けておりました。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

数日遅れで返済したりとなっていたため、携帯や勤務先に借入先から電話が掛かってくる事が増えました。
返済のための借入が限度いっぱいとなり、新しい借入先も見付からず、お金の工面ができなくなった事が原因です。


相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

電車かバスの中吊り広告で御社を知り、相談すべきか悩んでおりました。
2009年12月に勤務先を解雇となり、もはや自殺するか人様のお力を借りるしか無いと思い、思い切って御社にご相談させて頂きました。

事務の方にとても丁寧に話しを聞いて頂き、親身になって頂きました。
また弁護士の方とお話しさせて頂いた最後に、「絶対に道は開けるから、死を考えてはいけません」と仰っていただき、その言葉で依頼させて頂く決心がつきました。


当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

人としてまっとうに生きて行けるチャンスを得るため、しっかりしなくては、との意識が強くなり、上辺のきらびやかさに惑わされないようになりました。


申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

準備期間については日程的に少々キツイ事もありましたが、都度、事務員の方が親切に対応して下さり、お陰様で揃えることができました。
小さな質問でも分かるまで教えて下さり、信頼感が増していきました。


免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

どうしたら良いか全く分からずにおりましたが、担当して下さった斉藤先生が常にご指導下さり、丁寧に説明していただいたので、大変助かりました。
何より自分がしっかりしなければ、と自責をもってのぞめるようになりました。

S先生には心より感謝申し上げます。


債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

決して楽とは言えませんが、不安に押しつぶされる気持ちが無くなり、前向きに努力していける日々が続いております。
返済日を思い、眠れない日々があった頃に比べ、精神的に落ち付き、ムダな出費もしなくなりました。


弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

費用については主人協力のもと、私の給与から毎月お支払い致しました。
主人も全面的に支えとなってくれて、無事お約束通り1月のお支払いで最後となりました。
当初は金額も高いと思っていましたが、手続きが進むにつれ、決して自分一人では出来ない事と痛感し、今では十二分に納得でき、とても良心的な金額であると思っています。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

「人生の再スタート」とありますが、私は「新しい生命」そのものを与えて頂いたと思っています。
生まれ変わったつもりで、しっかりと地に足をつけ、生きていける事に感謝し、前向きに頑張ってまいります。
S先生、事務員の皆様、また事務所の皆様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所